メタルルアーのオリジナル製作はお任せください!

JINKAI(ジンカイ)は、世界各国のルアーメーカーからの豊富なOEM実績をもつ中国のメタルルアー専門メーカー「JUYANG FISHING TACKLE 社」と連携し、メタルジグ、メタルバイブ、ジグヘッド、スプーンなどメタルルアーをメインとした、オリジナル ルアーの製作サービス(OEM/ODM)を提供しています。

ルアー製作概要 ● 製作できるルアー
メタルジグ スプーン メタルバイブ スピンテールジグ ジグヘッド タイラバ など
※ ワーム(ソフトベイト)、フック・ブレード等のオリジナル製作も承ります。
● 最低発注量(MOQ)
基本:3,000(個)最低:1,000(個)
※ ジグヘッドは、基本:10,000(個)最低:3,000(個)
※ カラーパターンは、500個毎に1パターン
● 製作料金
お問い合わせフォームよりお問合せください。
● 納期
仕様決定後、約2ヵ月
※ メーカーの稼動状況により前後する場合があります。
● 備考
設計(3DCADデータ/3Dプリンター出力データ可)、試作のみのご依頼も承ります。
● 素材
主に、亜鉛合金を使用しています。(鉛、タングステン可)
● 亜鉛ダイカスト(ダイキャスト)製法
溶かした亜鉛合金を特殊鋼でつくられた金型に高圧で注入、冷却して成形します。
● 亜鉛合金の特性・メリット
◇ 環境にやさしい金属である
→水質汚染防止、コンプライアンス遵守、EU/アメリカへ輸出可
◇ 複雑な形状に成形できる
→外観形状デザイン、表面構造の差別化
◇ メッキとの相性がよい
高級感があり、フラッシング効果が高い鏡面仕上げ
◇ 硬くて強度に優れている
高耐久性、変形防止
◇ 鉛より比重が低い(亜鉛/鉛=7.2/11.4)
スローフォール、ミノーライクな動きを再現可
※鉛より比重が低い分、体積が大きい→シルエットが大きい

アイデア次第で新しい分野のメタルルアーを生みだせます!

亜鉛合金を素材に使用したダイカスト製法により、複雑な形状も一体成形が可能に。立体的な鱗模様も精度よく再現できますので、従来のメタルルアーとは一線を画した斬新なメタルジグやメタルバイブなどを開発してみてはいかがでしょうか。

低比重合金

低比重を活かして再現したイカ型メタルジグ

亜鉛合金が低比重である特性を活かし、イカが水中をふわふわと漂う姿をイメージして開発したメタルジグ「SLEEVE FISH」。 光沢のあるメタリックゴールドボディは、重厚感と高級感に溢れ、魚だけでなくアングラーをも魅了します。

進化系メタルルアー

進化し続けるメタルルアー

メタルルアーは、素早く沈むもの。そんな固定概念を覆して開発したフルメタルスプーン「HOLLOW SPOON」。中空構造ボディに水を流入させることにより、沈む力を抑え、フォールをスローにします。また、沈む力が弱いために、浮遊感のある泳ぎを与えることができます。 現在は、この構造を取り入れたメタルエギなど様々なタイプのルアーの開発を進めています。

エビを忠実に再現したメタルジグ「METAL SHRIMP」

イカ型メタルジグ同様、亜鉛合金が低比重である特性を活かし、エビが海底で飛び跳ねる姿を再現します。