INKAI ジンカイ

ルアー開発サポートSUPPORT

鉛素材のジグやジグヘッドが主流な中、地球環境に優しい亜鉛合金を素材に使用したルアーの開発に注力しています。ダイカスト(ダイキャスト)と呼ばれる鋳造方法の「メリット」と亜鉛合金の「素材特性」を活かして、お客様が理想とするオリジナルルアーをできる限り低コストで商品化できるよう、その開発をサポートいたします。

亜鉛ダイカスト

ルアーの素材に、亜鉛合金を使用。溶かした亜鉛合金を特殊鋼でつくられた金型に高圧で注入、冷却して成形する鋳造方法です。

亜鉛ダイカストのメリット ● 複雑な形状を一体成形できる
● 緻密な表面デザインを再現できる
● 寸法精度が高い
亜鉛合金の素材特性 ● 地球環境に優しい(必須栄養素の1つである)
● 硬くて強度があり変形しにくい
● 耐久性、耐食性に優れている
● メッキとの相性がよく鏡面仕上げができる
● 鉛より比重が軽い(亜鉛/鉛=7.2/11.4)

デザインとアクションの差別化

複雑な形状を一体成形できるので、従来のメタルルアーとは一線を画した斬新なフォルムのルアーをつくりだすことができます。流線的デザインでは、見栄えの良さに加え、心地よい滑らかな手触り感も魅力となります。さらに、亜鉛合金の素材特性を活かした動きを備えることにより、他メーカーとの差別化を図れます。

ダイカスト ルアー1
ダイカスト ルアー2
ダイカスト ルアー3
ダイカスト ルアー4
ダイカスト ルアー5
ダイカスト ルアー6

フラッシング効果に優れた表面加工

精密な金型を使用することにより、鱗(うろこ)や鰭(ひれ)など魚の細部を精度よく再現することができます。亜鉛合金はメッキとの相性がよく、鏡面仕上げも可能。立体的な鱗模様にメッキ処理を施せば、乱反射を誘発するフラッシング効果の高いルアーをつくりだすことができます。

亜鉛合金 ルアー1
亜鉛合金 ルアー2
亜鉛合金 ルアー3
亜鉛合金 ルアー4
亜鉛合金 ルアー5
亜鉛合金 ルアー6

亜鉛合金の素材特性を活かしたルアー

SLEEVE FISH

低比重を活かしたジグ

亜鉛合金が低比重である特性を活かし、イカが水中をふわふわと漂う姿をイメージして開発したイカ型ジグ。 光沢のあるメタリックゴールドボディは、高級感に溢れ、魚だけでなくアングラーをも魅了します。 (裏面はアワビ仕様)

SLEEVE FISH →

HOLLOW SPOON

進化系メタルルアー

メタルルアーは、素早く沈むもの。そんな固定概念を覆し、新たなジャンルの開拓を目指して開発したルアー。亜鉛合金とアルミを素材に使用し、中空構造へ水を流入させることにより沈む力を抑制。 現在は、この構造を応用したメタルエギなど様々なタイプのルアーの開発を進めています。

HOLLOW SPOON →

ルアー製造

小エビを忠実に再現したジグ

イカ型ジグ同様に、亜鉛合金の低比重特性を活かし、エビが海底で飛び跳ねる姿をイメージして開発したジグ。 極小ボディでもダイカスト製法によりエビのフォルムを忠実に再現。メッキ塗装した上にエビ柄模様を描くことによりリアル感をアップさせています。

METAL SHRIMP →

エビ型ジグ

ルアー製作事例をもっと見る

お問い合わせCONTACT

オリジナルルアーの商品化に関するご相談などは、お電話・メールフォームにてお気軽にお問い合わせください。

TEL:052-870-4770

担当者直通 / 平日(土日祝を除く) 10:00~17:00
担当者不在時は、お手数ですが、メールフォームよりお問い合わせください。

メールフォームからのお問い合わせ